>

カテゴリ:トゥバ関連書籍( 6 )

トゥバを知るために⑥ 直川礼緒 「口琴のひびく世界」

a0213796_22334924.jpg


「口琴(こうきん)」と言う楽器はご存知でしょうか?アイヌの「ムックリ」なんかは有名ですよね。
最近は楽器店などでも流通するようになり、その存在を知っている人も以前よりずっと増えてきました。

一見、ちょっとしたおもちゃのような印象を持っている方も多いと思うのですが、この楽器をそう甘く見ちゃいけません。
楽器としての歴史は非常に古く、確認できるだけでも2000年以上前からあるようです。
ユーラシア大陸を中心に世界中に広く分布しており、日本でも江戸時代に大流行し幕府に禁止されたという文献が残っているそうです。

口琴は世界各地に分布していても知る人ぞ知る、マイナーな存在に甘んじている場合が多いのですが、伝統的な音楽文化として根強く残っている地域も多く、トゥバもそういった地域のひとつです。鉄口琴「デミルホムス」を中心に、何種類もの口琴があり、トゥバの音楽文化の中でも非常に重要な位置を占めていると言っていいと思います。

そんな小さくて不思議な楽器、口琴の魅力をあまねく伝えてくれるのが本書、「口琴のひびく世界」です。

日本口琴協会の代表でもある著者の直川礼緒さんは、本書の中でバリ、シベリアのサハ共和国、ノルウェー、ドイツ、ロシア連邦内のバシコルトスタン共和国など様々な地域を訪れながら、口琴とそれに関わる人々、その音楽文化を紹介していきます。その中の1章分を「トゥバの口琴とブーツの関係」というタイトルで、トゥバの口琴とホーメイについて詳しく取り上げられています。

a0213796_22361033.jpg

口琴を演奏するトゥバのミュージシャンたち

詳しいことは是非本書を手に取っていただきたいと思うのですが、僕は本書を読み、世界各地に少しずつとはいえ、これ程の人たちがこの小さな楽器に心奪われ、その音楽文化を楽しみ、自らを表現できる手段を持っているということに何とも嬉しくなりました。大げさですが、この世界が本書を読んだ前よりも少し豊かに思えてくるようです。

a0213796_22343548.jpg

トゥバの鉄口琴 - デミルホムス (他にも様々な形状のものがありますが、トゥバ口琴はこの形が多いです)

口琴は構造としては非常にシンプルな楽器です。しかし出てくる音はとても豊かなもので非常に複雑な表現が可能です。世界各地で口琴を使って豊かな音楽表現をしている人たちのレポートを読みながら、私たち現代の日本人ははたして、そういった自分たちを表現する音楽文化を持っているのだろうか。僕はそんな事も考えさせられました。

本書は、口琴を通した世界各地の音楽文化を見ていくことで、文化人類学的な観点から見ても非常に価値の高い一冊なのではないかと思います。また日本人になじみの薄いシベリアや北方の少数民族、また中央アジアなどの文化を知るための一冊としてもオススメです。(しかも全ページフルカラー!)


さて、直川礼緒さんは音楽家、口琴研究家として有名ですが、トゥバのホーメイ、そしてその周辺国の喉歌の存在を日本にいち早く紹介した人でもあります。

1993年に日本口琴協会発行の「口琴ジャーナル」第7号にて、トゥバのホーメイシンポジウムの模様をレポートし、トゥバを代表する音楽学者であるゾーヤ・クルグスやバレンチナ・スズケイ氏の論文を翻訳し紹介しています。

少し突っ込んだ内容になりますが、現在、ホーメイ、喉歌ファンのあいだで語られる「アルタイ山脈周辺にトゥバのホーメイ、モンゴルのホーミー、ハカスのハイ、など、様々な種類の喉歌があるよ」といった言説は僕が知る限りここで直川さんが始めて紹介されたのではないかと思います。
実は僕も口琴ジャーナルは昨年はじめて読んだのですが、1993年の時点でこんなに質の高いレポートをしていたのかと、非常に驚きました。


 本書「口琴のひびく世界」のなかで、直川さんは「トゥバ人にとってホーメイは哲学であり、美学である」と述べられています。これは僕は非常に重要な指摘だと思っています。

 ホーメイは単なる発声のテクニックではありません。

 僕が「ホーメイをやっている」と話すと、よく返ってくる反応が「声が2つ出るやつ?」とか「うぃ~んっていうあれでしょ?」といったものです。

 確かに、トゥバのホーメイは発声が世界的にも極めて特殊なものですから、そういう反応が返ってくるのは良く分かるのですが、僕としてはなんだかトゥバの人たちがあたかもビックリ人間の様に思われているようで複雑な気持ちになります。
 トゥバのホーメイは基本的に歌詞を伴ったもので、そこにはトゥバ人の深い自然観や精神世界が反映されており、一定の様式美の中で様々な感情が表現されています。ホーメイはトゥバ人の精神世界の結晶なのです。直川さんの指摘された、「哲学であり、美学である」とは、そのことを端的に表現していると思います。


ともかく、口琴を知りたい初心者から実際に口琴・ホーメイをやっている人まで、広くおすすめしたい一冊です。CD付きなので、実際に音源を聞きながら是非読んでみてください。

日本口琴協会のサイトや、高円寺円盤などで購入できます。
[PR]
by teradaryohei | 2013-01-10 22:47 | トゥバ関連書籍 | Comments(0)

トゥバを知るために ⑤ 巻上公一「声帯から極楽」

a0213796_2223218.jpg


さて、ホーメイと言えば、「巻上さん」と連想される方はとても多いでしょう。

巻上さんの活動についてはいまさら僕が説明するまでも無いと思います。
巻上さんは1998年に「日本トゥバホーメイ協会」を設立され、以後これまで毎年のようにトゥバからミュージシャンを招聘されたり、多くの日本人をトゥバに連れて行かれたりして、両国の文化交流、日本への紹介に尽くされてきました。巻上さんとホーメイ協会の活動を通じて、多くの日本人がトゥバの音楽の魅力に気づき、自分でホーメイに取り組む人たちを沢山輩出しました。僕もその一人です。ここまでトゥバとホーメイの知名度が高くなったのは、巻上さんの活動を抜きにしては考えられません。

本書では、巻上さんの多彩な活動の中で、何章かにわたって巻上さんのホーメイとの出会い、トゥバでの滞在の様子などが綴られています。ホーメイのファンの人でもまだ読んだことがない方も結構いらっしゃると思います。是非手にとって見てください。


ところで、そんなホーメイ協会の主催で1月22日~27日の期間にトゥバのミュージシャン、オトクン・ドスタイとチョドゥラー・トゥマットが来日するそうです。

a0213796_22234869.jpg


詳しくはこちら

ロシア語通訳でありトゥバ通の井生明さんもブログで詳しく紹介されています。

絶好の機会ですので是非足を運んで、ナマのトゥバの音楽を体感してみてください!

講演日程↓
------------------------------------------------------------

1.22(水) 23(木)
『トゥバのホーメイ〜南シベリアの唄と音』
オトクン・ドスタイ、チョドラー・トゥマット来日公演

出演:オトクン・ドスタイ
   チョドラー・トゥマット


open/19:00 start/20:00

チケット代 ご予約:¥3,000+ドリンクオーダー 当日:¥3,500+ドリンクオーダー

http://shinsekai9.jp/2013/01/23/tuba2/

ホーメイコンサート申込

1月26日は国分寺カフェスロー公演
http://blog.goo.ne.jp/akira-65

1月27日は新宿西口 常円寺で午後2時から2時間のホーメイワークショップ もあります。

参加費5000円
[PR]
by teradaryohei | 2013-01-09 22:19 | トゥバ関連書籍 | Comments(0)

トゥバを知るために④ オットー・メンヒェン・へルフェン 「トゥバ紀行」

a0213796_072917.jpg


a0213796_07085.jpg


現在トゥバはロシア連邦に属している共和国ですが、1921年から1944年にかけて、23年間だけ独立国でした。
驚くことにその独立国時代、トゥバに外国人はたった一人だけしか入ることが出来なかったのです。
一体それはなぜだったのでしょう?それには複雑な社会的背景があったのです。

本書はその独立国時代、1929年に唯一入ることが出来た外国人、オットー・メンヒェン・へルフェンによる紀行文です。
民族学、考古学を専門とする彼はその知識で養われた観察眼をもとに、トゥバの文化の多面を細部に至るまで描き出し、独立時代のトゥバの政治状況を外の世界に伝えました。
この本はまさに奇跡の報告なのです。

なぜ外国人が入れなかったのか、詳しくは本書を読んでいただくとして、この本は1929年当時のトゥバの状況を生き生きと描き出しています。
遊牧生活など様々な生活様式や風習、シャーマニズムやチベット仏教などの宗教、そして数多くの遊牧国家が興亡を繰り返してきた過去の歴史、そしてソビエト社会主義とトゥバの政治・・・ この報告は世界に対してトゥバの状況を知らしめただけでなく、後年のトゥバの人たちにとっても貴重な資料となったのです。
(トゥバ語は1930年まで文字が無く、それまで役所などの公式文書はモンゴル文語を使用していました。いずれにしろ文字を持たなかった多くの遊牧民は歴史的に自らの手で記録を書き残すことは少なく、当時でもそれほど多くは無かったと推測されます)
また、当時の貴重な写真が多数掲載されているのも、本書の大きな魅力だと思います。

僕はこの本を先日久しぶりに読み返していたのですが、何度読み返しても発見があります。実際トゥバに行って、日本に帰ってきた後で読み直すと、また新たに気付くことがあるのです。

本書の読みどころはたくさんあるのですが、個人的には清朝時代~帝政ロシア、そして共産主義革命といった当時のシベリアの状況の記述に関しては非常に興味深いものがありました。この本ではソビエト社会主義とトゥバの関わりについてかなり詳しく書かれていますので、トゥバ以外にも、ソビエトとその影響下にあった他の諸民族や諸地域との関係を考える上でも、一級の資料なのではないかと思います。

またこの本の訳者である田中克彦先生は、モンゴル研究、言語学者として長きにわたってトゥバに深い関心を寄せられてきた方で、その訳と解説で本書の魅力が一層膨らんでいる思います。「タナカセンセイ」はトゥバの学術関係者の間では特に有名で大変尊敬されており、自分も何度か田中先生はお元気ですか、と尋ねられたことがあります。

僕は基本的に音楽を学ぶためにトゥバに通っているわけですが、トゥバは音楽以外にも非常に興味深い場所であると痛感させられます。
メンヒェン・へルフェンはこの本で、ホーメイに関しては触れていません。音楽に関しても記述はほとんど無いのですが、僕はこの本はトゥバの音楽が好きな方、また、ホーメイをやっている方に是非読んでほしいと思います。単純にトゥバの音楽は歌われている内容も人々の暮らしや自然と密接なかかわりがあるわけですが、過去に様々な歴史と人々の暮らしがあり、その上で今の音楽がある。そう思うだけでも、また新たな魅力に気付くのではないかと思うのです。
[PR]
by teradaryohei | 2012-04-08 00:07 | トゥバ関連書籍 | Comments(0)

トゥバを知るために③ ファインマンさん最後の冒険(TUVA OR BUST!)

a0213796_16504758.jpg


a0213796_16512699.jpg


a0213796_16535732.jpg


リチャード・P・ファインマン(1918-1988)は、アメリカ合衆国出身の著名な物理学者です。1950年代の初期から1980年代の末まで、カルフォル二ア工科大学の物理学部教授を務め、1965年にはノーベル物理学賞を受賞しています。彼の講義を基にした教科書「ファインマン物理学」は、分かりやすさと読者を惹きつける軽妙な語り口から高く評価され、現在でも理系の学生を中心に広く読まれています。

 そんな「世界最高の頭脳」のひとりとして知られていたファインマンは、原爆の秘密が一切合財詰まった金庫の錠を開け、政府の機密保持のいい加減さを指摘する置手紙を残したり、楽器ボンゴの名手でバレエ団の音楽を創作したりと非常にユーモラスなキャラクターの持ち主として知られており、生涯を通して抜群に人気がありました。そんなファインマンの逸話を集めたエピソード集「ご冗談でしょう、ファインマンさん」はベストセラーとなり、その後も続編のファインマンさんシリーズが刊行されています。

晩年ファインマンさんは、友人でありドラム仲間のラルフ・レイトン(『ファインマン物理学』の編者であるロバート・B・レイトン教授の息子)が高校で地理を教えていることを聞き、ラルフにこう尋ねます。
「おい、タンヌ・チューバ(トゥバのこと)はいったいぜんたいどうなっちまったんだ?」

トゥバでは1920年代から1930年代にかけて(当時はトゥバ人民共和国時代)切手を発行しており、その斬新なデザインに多くの人々が魅了されました。ファインマンは子供のころ切手を集めており、トゥバのことを知っていたのです。

a0213796_1659044.jpg

当時トゥバで発行されていた切手


そんな国はないよとラルフは言うのですが、百科事典を開くと確かに載っていました。そしてファインマンはこう言います。

「まあこれを見ろよ。首都の綴りはKYZYLだぞ! まともな母音がひとつもないじゃないか!」(※)

そしてファインマンと仲間たちは、冷戦中でソビエトの鉄のカーテンで閉ざされていた当時のトゥバに何とかして行ってみようと、あの手この手の努力を始めるのです。

そんなドタバタ劇を収めたのが本書「ファインマンさん最後の冒険(TUVA OR BUST!/トゥバ行き、のるかそるか!)」です。

さて、ファインマンさんは無事トゥバにたどり着けるのでしょうか?


この本をまとめたラルフ・レイトンは「frends of tuva / トゥバ友の会」の設立者で、現在においてもトゥバとアメリカの交流における中心的存在だと言えると思います。この本をきっかけに多くのアメリカ人がトゥバを訪れています。

僕はクズルで「TUVA OR BUST!」のステッカーが貼られているのをそちこちで見ました。そういえばトゥバの友人とこの本の話をしたことはなかったのですが、きっと多くのトゥバの人たちがこの本のことと、ファインマンのことを知っているはずです。そしてとても誇らしく思っていることでしょう。

この本をきっかけにして、トゥバとアメリカは何か特別な関係が生まれたのではないか。私はそんな気がします。実際アメリカではホーメイのコンサートツアーが多く開かれ、トゥバのミュージシャンたちもどことなくアメリカびいきな印象を受けるのです。ファインマンはアメリカとトゥバを繋ぐ象徴的な存在のように思います。

この本はトゥバやホーメイに興味がなくても読み物として抱腹絶倒の面白さです。是非この本を読んで、当時トゥバに思いを馳せたファインマンの活躍に触れてみてほしいと思います。
そうすれば、きっとトゥバの魅力も伝わるのではないかと思うのです。

僕はこの本を読んで、ファインマンさんのファンにもなりました。本書以外のファインマンさんシリーズは物理の知識がなくとも面白く読めるので、こちらも是非読んでいただければと思います。

上の2つが英語版、下が日本の文庫版です。

※ 【補足】 トゥバの首都クズルはキリル文字では "КЫЗЫЛ" と書きます。これを英語のアルファベットに転記すると KYZYL となります。 "Ы" という文字はれっきとした後舌母音なのですが、英語転記されてそのときトゥバ語、ロシア語の知識がなかったファインマンは母音がないと勘違いしたのでしょう。  
[PR]
by teradaryohei | 2012-02-25 16:55 | トゥバ関連書籍 | Comments(0)

トゥバを知るために② 草原情歌 ガルサン・チナグ

a0213796_0454469.jpg


a0213796_0463316.jpg


この本の作者であるガルサン・チナグはモンゴル西端部のバヤン・ウルギー県に暮らすトゥバ人の家庭に生まれました。トゥバ人はトゥバ国内だけでなく、一部モンゴル国北・西部や新疆ウイグル自治区などにも暮らしています。

そんなモンゴルの辺境の地にトゥバ人の息子として生まれたガルサンは、その後ウランバートルのモンゴル国立大学に入学して間もなく、ドイツのライプツィッヒにあるカール・マルクス大学に留学します。そこで数年間学んだガルサンは、ドイツ語でものを書き始めます。この作品は1993年にドイツ語で出版され、1995年に日本語訳が出ました。

物語は厳しいシベリアの自然の中で遊牧生活を送る少女ドンブクとその父親ショームル、そしてその昔の愛人の女性グルンジャーを中心に、そこに暮らす人々の人生とその悲哀を美しく描いていきます。

この本で特筆すべきことは、まず(モンゴルで生まれたとはいえ)トゥバ語を母語とする作者が、遊牧民自らの視点で物語を描いたということで、その点で日本語に翻訳されているものはこの作品以外に私は知りません。このブログでも今後トゥバ関連の本を紹介していくつもりですが、「トゥバ人がトゥバの暮らしを描いた小説」が日本語で読めるのは現時点でこの本だけだと思います。

原文はドイツ語ですが、物語の中にたくさんのトゥバの言葉が出てきます。そして今泉文子さんの翻訳もとてもトゥバ語に対して注意が払われており、牧民の暮らしぶりが生き生きと描かれています。

私がこの本で最も感銘を受けたのは物語の中で描かれるシャーマニズムに関する描写でした。

シベリアでは太古の昔からシャーマニズムが信仰されており、現在でも深く生活に根づいています。

私もトゥバ滞在の中でシャーマンの儀式もこの眼で見てきましたし、実際シャーマンと呼ばれる人の家族と湖に行ったり、招かれて一緒に食事したりしました。娘さんとは今でもたまにメールするような間柄です。そんな直に接する経験をした上でも、日本人にはシャーマニズムなんてなかなか分かりにくいものです。私は自然を信仰するシャーマニズムの考え方は結構いいな、と思いますし、日本の八百万の神さまの関係とも近い気がします。しかし日本のイタコなど連想してしまうと、本当にうまくとらえられないのです。

しかしこの物語を読んで私は何となく腑に落ちた感じがしました。

シベリアの厳しい自然の中で、時計もなく、太陽や星の位置を見ながら、自然のリズムにしたがって日々暮らしていく。季節が変われば春、夏、冬と住居を移動し、マイナス何十度という中で厳しい遊牧生活を送る。それは自然とともに生きる、というよりも自然そのものとしての生であり、そんな暮らしをしていればきっと「自分が自然と一体である」という感覚がひらく瞬間が、きっと何度もあるのでしょう。そしてその感覚はシャーマンでなくても、そこに暮らす人であればきっと感覚を共有できる部分があるのでしょう。
それは都会に暮らす現代人にはきっと想像も出来ないことなのだと思います。

作者について少し調べていたら、どうも親がシャーマンのようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Galsan_Tschinag

なるほど、と思うくらい本作ではシャーマニズムに関する描写が緻密です。


またこの作品では、大国に翻弄されてきたトゥバの人たちの姿も描かれています。巻末では物語で描かれる複雑な社会背景も解説されており、いっそう理解が深まると思います。

正直この本は、遊牧民の暮らしなどに興味がないと少しとっつきにくい内容かもしれません。しかし何度かトゥバに訪れ、その暮らしを少しだけ垣間見てきた自分にとっては大変貴重な読書体験であり、読みながら何度も、胸にこみ上げてくるものを抑えることが出来ませんでした。


(写真上がドイツ語版。下が日本語版。ネット上に大きい写真がありませんでした)
[PR]
by teradaryohei | 2011-12-29 00:49 | トゥバ関連書籍 | Comments(0)

トゥバを知るために① 等々力政彦 シベリアをわたる風

a0213796_18544286.jpg


トゥバのことを知りたいのだけど、まず何を調べたら良い?と聞かれたとき、僕はまず等々力政彦さんの「シベリアをわたる風」を読むことを薦めています。

等々力さんは日本においてトゥバ共和国の喉歌、楽器演奏者として第一人者であるばかりでなく、学問の世界においてもトゥバ研究の第一人者であり、現在も多くの論文を執筆されています。ミュージシャンとしてはソロ演奏のほか嵯峨治彦さんとのユニット「タルバガン」での活動も有名です。

等々力さんは1990年に初めてトゥバに入り、以後20年にわたりトゥバを訪れ続けています。僕も現地で昨年、今年もお会いし、色々とお世話になってきました。

この本では等々力さんのトゥバとの出会い~現地滞在時のエピソードを中心に、トゥバの暮らしや文化、歴史、そしてトゥバの伝統的な歌や周辺国の喉歌など、トゥバにまつわるかなりの部分が書かれています。自分は数年前に読みましたが、出版された1999年の時点でかなりまとめられていたんだなと思いました。またリチャード・ファインマンやデルス・ウザーラなど、トゥバにまつわる面白いエピソードや、伝統曲の日本語訳など、トゥバのファンには堪らない内容が詰まっています。

現在は一般の書店では手に入りにくくなっていますが、アマゾンなどで購入できます。

関西在住の等々力さんですが、東京でもよくライブをやっていますので、是非一度ライブもご覧になったら如何でしょう。演奏ばかりでなくトゥバの話もたくさん聞けると思いますよ。
[PR]
by teradaryohei | 2011-12-28 19:32 | トゥバ関連書籍 | Comments(0)


トゥバ音楽演奏家の寺田亮平のブログ。ロシア連邦トゥバ共和国の現地情報、社会、文化、ミュージシャンなど紹介します     dtxmain[at]gmail.com


by teradaryohei

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに
プロフィール
トゥバ日記
ライブ情報
トゥバ共和国について
トゥバの音楽
トゥバの文化
トゥバ社会
トゥバ関連書籍
シベリア関連
トゥバの楽器が欲しい方へ
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

トゥバの人たちにとって、..
by 佐藤隆之 at 15:21
ホーメイを練習中でイギル..
by 信國 at 17:46
クーチークリーチャー様 ..
by teradaryohei at 20:47
お久しぶりです。昨年秋、..
by クーチークリーチャー at 17:31
キューレさんお久しぶりで..
by teradaryohei at 14:01
アチコチでご活躍のようで..
by キューレ大王 at 19:46
nakamuraさん ..
by 寺田亮平 at 14:33
kawazuさん はじめ..
by 寺田亮平 at 14:22
デルス・ウザーラを検索し..
by KawazuKiyoshi at 13:16
HHTやチルギルチンなど..
by NakamuraT at 20:58

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

トゥバの音楽とインドの笛と
at 2017-05-05 21:33
テュルクとペルシアの音楽~カ..
at 2017-04-04 21:24
北方諸民族の歌と踊り - ..
at 2017-01-29 20:31
北方諸民族の歌と踊り -① ..
at 2017-01-25 18:37
ソロライブ & トゥバ最新レ..
at 2017-01-06 22:44

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧