>

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サンチュ・クズルオール・ユブレイ①

a0213796_2332161.jpg


さて、「トゥバ日記」というタイトルのブログにしてはトゥバでの出来事をあまり書いていないので、少しずつ書いてみることにします。

トゥバの音楽が好きな方なら、「カラ・ドゥルヤー/кара-дуруя」という曲を聴いたことがあるでしょう。
トゥバで非常に親しまれているメロディーのこの曲は、サンチュ・クズルオール・ドンガクビッチ/Санчы Кызыл-оол Донгаквичи(1931-1977) というホーメイジの手によって生まれました。

サンチュ・クズルオールはトゥバ南西部にあるオビュール地区のドゥス・ダグという村で生まれました。昨年の7月にそのドゥス・ダグで彼を記念する小さなフェスティバルがあり、私は参加してきたのでここで数回に分けてレポートしていきたいと思います。

道路の舗装がまだ十分に行き届いていないトゥバでは、地方に向かう場合ある程度ルートが限られてしまいます。今回は首都のクズルから南下し、かつて首都があったサマガルタイの手前で西へ。しばらくするとアルファルトの道はなくなり、デコボコ道を砂埃を上げながら数時間進むことになります。その後途中休憩を含めてクズルから6時間程度でドゥス・ダグ村に到着しました。

a0213796_2331410.jpg

こんな感じの道を延々とすすむ。この程度ならだいぶ道はマシなほう

a0213796_2353866.jpg

途中川で顔を洗う。冷たくて気持ちいい

a0213796_237186.jpg

休憩所のスタローバヤ(食堂)にて。ボルシとプローフ。トゥバはロシア連邦内でもあるのでボルシは日常的に食べる。プローフはもともとウズベクスタンの料理だがトゥバでもよく食べられている。お茶はお湯にティーバッグと砂糖がぶち込まれるのみ。よくプラスチックのコップで出されるのでコップがお湯の熱で変形した状態で出てくる

ドゥスダグに到着すると今回ドゥスダグ村で何かとお世話してくれた女性の家族(名前は失念)が暖かくもてなしてくれました。
a0213796_23243356.jpg

これで「ちょっとお茶しましょう」の量。こういう場合はめちゃくちゃに食べまくるほうが礼儀正しい

a0213796_23364019.jpg


写真がぼけてますが、子供たちが民族衣装を着てチベット仏教の歓迎のもてなしをしてくれました

a0213796_23395955.jpg

村の中心にはチベット仏教のマ二車

長いので数回に分けます。

最初の写真はサンチュ・クズルオールの肖像画。ギターを持っていますが、過去トゥバではソビエトの民族政策によって伝統的な楽器が制限された時期があり、その影響だと思われます。その時代の写真を見ると、ホーメイジがギターやバラライカを持っていたりします。
[PR]
by teradaryohei | 2012-01-22 23:32 | トゥバ日記 | Comments(0)

フンフルトゥ来日情報

a0213796_2345170.jpg


トゥバ音楽界の最高峰、フンフールトゥが今年6月に12年ぶりに来日します。

http://www.harmony-fields.com/a-huunhuurtu/

現在HPに出ている情報では

6月24日/兵庫伊丹
6月25日/兵庫三木

そのほか
6/27(木)は浜松の楽器博物館
東京は6/28(木)武蔵野市民文化会館だと聞いています。
今回の来日では関西公演が充実していますね。

詳しくはサイトに順次アップされると思いますのでチェックしてみてください。

いずれにせよ、この機会を逃したらもう次回の来日は無いかも知れません。
フンフールトゥはトゥバ国内のみならず、ロシア全土の伝統的な音楽の中でも最高峰だと思います。
僕は初めてトゥバの野外フェスティバルで見た彼らの演奏が、今でも忘れることが出来ません。
この伝説的なグループのコンサートを日本で聞けるのです。逃す手はないでしょう。

またこのブログでも情報をアップしていくつもりです。


●6/12追記:今年は兵庫(伊丹・三木)・静岡(浜松)・東京(武蔵野)の4会場のようです。
6/29に東京中野ポレポレ座にてワークショップがあるそうです。
http://za.polepoletimes.jp/news/2012/05/post-21.html
[PR]
by teradaryohei | 2012-01-17 23:23 | Comments(0)

チルギルチン chirgilchin чиргирчин



チルギルチン chirgilchin чиргилчин

http://www.chirgilchin.com/


イゴール・コシュケンディ、モングンオール・オンダ-ル、アルダール・タムドゥン、アイドゥスマ-・コシュケンディの4人からなるチルギルチンは、1996年に結成されました、全員が国民歌手クラスの歌い手で、まさにフンフールトゥの次世代の、トゥバを代表するグループと言っていいでしょう。イゴール・コシュケンディは1998年、2000年、2002年の三度にわたりインターナショナル・スロートシンギング・コンペディションで優勝しており、モングンオール・オンダ-ルは1992年に、16歳の若さで優勝しています。(ソロで日本にも来日したことがあります)
またアルダール・タムドゥンはトゥバを代表する凄腕の楽器製作者でもあります。紅一点のアイドゥスマーの伝統的なトゥバの長唄が聴けるのもこのグループの大きな魅力と言って良いでしょう。
 私が聞いた話によると、チルギルチンは伝統的な歌を、できるだけ崩さずに演奏することを心がけているということです。彼らのCDを聞くと、その驚異的な歌唱ばかりではなく、古くから伝わるトゥバの伝統的な歌の素朴な優しさに触れることができるのではないかと思います。

この動画でアルダール・タムドゥンは、ホーメイのテクニックと自然との関わりについて語っています。これはトゥバの音楽を語る際に非常に重要な部分だと私は考えています。彼らはトゥバの音楽を通して、その文化を伝えようとしていると思えてなりません。
[PR]
by teradaryohei | 2012-01-05 23:03 | トゥバの音楽 | Comments(0)


トゥバ音楽演奏家の寺田亮平のブログ。ロシア連邦トゥバ共和国の現地情報、社会、文化、ミュージシャンなど紹介します     dtxmain[at]gmail.com


by teradaryohei

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに
プロフィール
トゥバ日記
ライブ情報
トゥバ共和国について
トゥバの音楽
トゥバの文化
トゥバ社会
トゥバ関連書籍
シベリア関連
トゥバの楽器が欲しい方へ
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

トゥバの人たちにとって、..
by 佐藤隆之 at 15:21
ホーメイを練習中でイギル..
by 信國 at 17:46
クーチークリーチャー様 ..
by teradaryohei at 20:47
お久しぶりです。昨年秋、..
by クーチークリーチャー at 17:31
キューレさんお久しぶりで..
by teradaryohei at 14:01
アチコチでご活躍のようで..
by キューレ大王 at 19:46
nakamuraさん ..
by 寺田亮平 at 14:33
kawazuさん はじめ..
by 寺田亮平 at 14:22
デルス・ウザーラを検索し..
by KawazuKiyoshi at 13:16
HHTやチルギルチンなど..
by NakamuraT at 20:58

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

宇佐照代 × 寺田亮平  ア..
at 2017-08-30 22:08
アラシュ alash  а..
at 2017-08-25 20:17
2017帰国しました
at 2017-08-24 21:46
トゥバの音楽とインドの笛と
at 2017-05-05 21:33
テュルクとペルシアの音楽~カ..
at 2017-04-04 21:24

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧