>

タグ:フンフルトゥ ( 3 ) タグの人気記事

フンフルトゥ・イン・チャダーナ 2012

a0213796_00572.jpg


皆さんご無沙汰しております。

僕は6/14~9/10まで今年もトゥバに3ヶ月滞在しており、毎日充実した日々を過ごしています。

フンフルトゥの来日公演は行かれた方も多かったのではないでしょうか。僕も知人から感動したとの声を多数聞いています。トゥバの音楽の魅力が多くの日本の人たちにも伝わったはずで、素晴らしいことです。

ところで、来日公演時にもしかしたら説明があったかもしれませんが、フンフルトゥってどういう意味かご存知ですか?

僕も最近まで勘違いしていたのですが、トゥバ語で フンフルトゥ / ХҮН ХҮРТҮ とは

ХҮН / 太陽 、 日

ХҮРТҮ / プロペラ

直訳すると「太陽のプロペラ」です。これはどういう状態なのでしょう。


フンフルトゥ初代メンバーのアレクサンドル・バパはインタビューでこう答えています。

「フンフルトゥとは、朝焼けや夕焼けのときに大草原の空に見られる現象で、光線が縦に幾重にも分離する様子をいうんだよ。トゥバ人は自分たちの住む広々とした大地をフンフルトゥとも呼んでいる。美しい光に対する畏敬の念からそう呼ぶのさ。グループ名にこの言葉を使ったのは、自分たちの音楽がこうした自然の大地に根ざしたものだからなんだ。大草原の空に広がる光線は、ホーメイの声が分離する様子と通じるものがあるからなのさ。ただホーメイのほうは光でなく、音が分離するのだけどね。」


今年トゥバの1都市チャダーナで、きれいなフンフルトゥを見ることができました。確かに、プロペラのような状態になっているでしょう?これは本当に美しい光景です。

トゥバの自然は大変に美しく、その音楽は彼らが暮らす土地の自然に深く根ざしたものであると言えると思います。それはフンフルトゥだけでなく、他の伝統的なアンサンブルやホーメイについても同じだと言えるでしょう。そういったことを想像しながら彼らの音楽を聴くと、また新たな発見があるかもしれません。



★しかしなぜ彼らが1stアルバムを出すときに「Huun-Huur-TU」 と英語表記したのか僕も良く分かりません。(トゥバ人も不思議がってる)なので日本では フ-ン・フール・トゥ という表記が多用されているので混乱することもあるかと思いますが、実際の意味はこういったことなのでした。
[PR]
by teradaryohei | 2012-07-29 23:58 | トゥバ日記 | Comments(0)

フンフルトゥ来日情報

a0213796_2345170.jpg


トゥバ音楽界の最高峰、フンフールトゥが今年6月に12年ぶりに来日します。

http://www.harmony-fields.com/a-huunhuurtu/

現在HPに出ている情報では

6月24日/兵庫伊丹
6月25日/兵庫三木

そのほか
6/27(木)は浜松の楽器博物館
東京は6/28(木)武蔵野市民文化会館だと聞いています。
今回の来日では関西公演が充実していますね。

詳しくはサイトに順次アップされると思いますのでチェックしてみてください。

いずれにせよ、この機会を逃したらもう次回の来日は無いかも知れません。
フンフールトゥはトゥバ国内のみならず、ロシア全土の伝統的な音楽の中でも最高峰だと思います。
僕は初めてトゥバの野外フェスティバルで見た彼らの演奏が、今でも忘れることが出来ません。
この伝説的なグループのコンサートを日本で聞けるのです。逃す手はないでしょう。

またこのブログでも情報をアップしていくつもりです。


●6/12追記:今年は兵庫(伊丹・三木)・静岡(浜松)・東京(武蔵野)の4会場のようです。
6/29に東京中野ポレポレ座にてワークショップがあるそうです。
http://za.polepoletimes.jp/news/2012/05/post-21.html
[PR]
by teradaryohei | 2012-01-17 23:23 | Comments(0)

Huun Huur Tu / хүн хүртү / フンフルトゥ



カイガルオール・ホバルグ、サヤン・バパ、アレクセイ・サルグラル、ラディック・トューリュッシュの四人からなるHuun Huur Tuは現代のトゥバの音楽を代表するグループであり、トゥバ国内でも高い尊敬を集め、アメリカ、特にヨーロッパではかなりの人気を誇ります。 リーダーのカイガルオール・ホバルグは現存する最高のホーメイジ(トゥバ語でホーメイ歌手のこと)の一人と考えられており、2010年に彼の50歳を祝うフェスティバルがトゥバ共和国の首都クズルで開催されました。

huun huur tuは1992年に結成され、それまでソロでの演奏中心だったホーメイをバンド・アンサンブルの中で聞かせたエポックメイキングなグループで、これまでにライ・クーダー、クロノス・カルテット、ザ・チーフタンズ、鼓童など世界の様々な音楽家たちと共演してきました。

現在は様々な現代的アプローチも行っている彼らですが、最初の数枚のアルバムにはトゥバの音楽の基礎ともいえる部分が詰まっていると思います。彼らの音楽に是非触れてみてください。
[PR]
by teradaryohei | 2011-06-06 15:41 | トゥバの音楽 | Comments(0)


トゥバ音楽演奏家の寺田亮平のブログ。ロシア連邦トゥバ共和国の現地情報、社会、文化、ミュージシャンなど紹介します     dtxmain[at]gmail.com


by teradaryohei

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじめに
プロフィール
トゥバ日記
ライブ情報
トゥバ共和国について
トゥバの音楽
トゥバの文化
トゥバ社会
トゥバ関連書籍
シベリア関連
トゥバの楽器が欲しい方へ
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

トゥバの人たちにとって、..
by 佐藤隆之 at 15:21
ホーメイを練習中でイギル..
by 信國 at 17:46
クーチークリーチャー様 ..
by teradaryohei at 20:47
お久しぶりです。昨年秋、..
by クーチークリーチャー at 17:31
キューレさんお久しぶりで..
by teradaryohei at 14:01
アチコチでご活躍のようで..
by キューレ大王 at 19:46
nakamuraさん ..
by 寺田亮平 at 14:33
kawazuさん はじめ..
by 寺田亮平 at 14:22
デルス・ウザーラを検索し..
by KawazuKiyoshi at 13:16
HHTやチルギルチンなど..
by NakamuraT at 20:58

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
venussome.co..
from venussome.com/..
http://www.v..
from http://www.val..
ミュージカルかファンタジ..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

2017年夏・ トゥバと南シ..
at 2017-10-26 21:47
宇佐照代 × 寺田亮平  ア..
at 2017-08-30 22:08
アラシュ alash  а..
at 2017-08-25 20:17
2017帰国しました
at 2017-08-24 21:46
トゥバの音楽とインドの笛と
at 2017-05-05 21:33

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧